スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

六世代振り返り ORAS編 

どうも十六茶です。六世代振り返りという便乗記事です。今回はORAS編です。
シーズン7 使った構築は大きく分けて2つ

アスドランギャラ
ラティドラン
メガラティアスかわいいいいい!使いてえええええ!みたいな感じで組んだ気がする。実際はほとんどラティアスを選出できずバナギャラドランでサイクルを回していた。個人的MVPは珠マンムー。フリーズドライでギャラやトリトドンを吹き飛ばすイケメン野郎。スカーフヘラはほんと読まれないなあとか言いながらゲンガーに対してはたきおとすを打ちながら鬼火をもらって根性発動!みたいなプレイングをしていた。ラティアスはどこいった?ってことでラティアスの枠をメガライボルトに変えたが致命的なほどこいつを上手く扱えずすぐラティアスが戻って来た。ちなみにラティアスの型は身代わり瞑想羽ショックでした。最高レートは1800くらいだった。

バシャガブver2
バシャガブ2
バシャガブが物理で役割集中してぶち破るゴリラ構築が帰って来た。適当に組んだ割には結果がそれなりに良かったXY最終シーズンのパーティのサンダーの枠をロトム水に変えただけ。理由はサンダーをスカーフにしようと思ったがひかえめを乱数するのも厳選するのも面倒くさかったからである。これまた適当な理由だが鬼火読みで剣舞するラムガブを上からドロポン2回で沈めたりトリックで起点を作ったりと結構な活躍をしてくれた。最高レートを微妙に更新した。(1976)
ちなみに最高レートを更新したあとに盛大にレートを溶かしたのでサンダーに戻したもののレートは回復しきらず1887で終了した。

シーズン8 新境地を探して使っては変えてを繰り返していた為5つ

ヤミヌオードラン
ヤミヌオ
メガヤミラミ強そうじゃね?こいつの弱点は積みポケモン、フェアリーポケモンか。そいつらをケアできるポケモンはーっと…みたいな感じで組んだ。まあロクに勝てなかったんだけどね!20戦くらいやって最高レート1600くらい。発想自体はそんなに悪くなかったと思うんだけど練りこみと対戦数が圧倒的に足りなかった。あとラッキーの電磁波を跳ね返してドヤ顔してたらTODされて負けた。衝撃的だよねこいつでも受けループに勝てないんだぜ?

カバリザY
カバリザY
そういやちょっと前はカバルカとの融合だったからカバリザY単軸組んでないなーと思って組んだ。やっぱり晴れオバヒは最高だぜ!ダストシュートゲッコなるものが誕生したらしいと聞いてゲッコウガを採用したが、同時採用した岩封が相手のリザをフルボッコにしてて面白かった。岩封→ニトチャみたいでSが元に戻るっていうアレ。この時初めて瞑想ニンフィアというポケモンに触れたがびっくりするほど手に馴染んで今でも使っている。ガブは当然ADハチマキ。多分この頃が一番病気でヒードランに逆鱗撃ってた。最高は1800前後。

カバルカイリューver2
カバルカ2
カバリザYを使ったことでルカリオの面影を思い出し、積み単軸は使えないとわかっていながらも全抜き一本のカッコよさを捨てきれず久々にカバルカイリューを使用。折角厳選が終わったライコウで壁はって剣舞したるわーって思っていたが現実はそう甘くなく最高レート1700前後だった。やっぱ積み単軸はだめだわって連呼してた。ルカリオのステロ+剣舞インファでマリルリを一発で吹き飛ばしたときは深夜にも関わらず絶叫していた。隣人さんたちには誤っても謝り切れない。

バンギムドーランターン
続バンギランタムドー
久しぶりついでにこのパーティも行っとく?みたいなノリで使用した。このときガルクレセドランばっかりだったのでバンギ@ラム竜舞身代わりけたぐり噛み砕くで3タテ粉砕するのが最高に楽しかった。このあたりで欠伸瞑想ニンフィアの真の強さに気付く。自分が積むだけじゃなくサポートまでできるのか…並びはすごく気に入っているので今後また使うならこの並び。今組んだらもうちょっと変な努力値振り技構成になるんだろうなーとか思ったり。最高レートは1900にちょっと届かなかったくらい。

マリゲンポリ2
マリゲンポリ2
そういやマリゲンポリ2使ってないや。でも並びよくわからん()ってことでゲンガナンスポリ2の並びのナンスをマリルリに変えただけ。ゲンガナンスに比べ単体での動かしやすさが格段に良く使っていて楽しかった。CSメガゲン太鼓マリルリADガブメガヘラメガネロトム火とかいう今見るとこいつ火力しか頭にねえのかっていう構成である。最高レートは1850前後。

シーズン8はレリセの使い方を初めて知り構築が変わるごとにやっていたせいで正確な対戦数はわからないが多分600戦くらい。5パーティでこれは少ないのでは?

シーズン9 使用した構築は2つ

バンギムドーランターン
メガバンギムドーランタ
いつもの面子。だが内面を大幅リフォーム。具体的にはエアームドをAS振りの起点型にしてメガバンギにしてラム剣舞バシャに変更した。まあ、ダメとわかっていても積み構築への憧れが(ry みんながメガバンギはエッジを当てれば強いと言っていた意味がわかった。決まれば最高にかっこいいのにどうも勝ちきれなかった。最高レートは1750前後。

バシャリザY
バシャリザY
リザYの特殊火力とメガバシャの物理火力、2つの炎が交差するとき新境地が開かれる!とかボケたことをぬかしながら組んだ構築。見るからに使いにくそうな構築だが実際の使用感はそこまで悪くなく1800くらいまでならすんなり行った。そこからは落ちるだけだった()そしてこのパーティの真のエースはゲッコウガという何もかもが良く分からない構築だった。

シーズン10はお休み。

シーズン11 あまり対戦できなったのが悲しい

バシャムドー
バシャムドー
なんか似たような構築いっぱい使ってんな俺。特にギミックはなく普通にサイクルに特化したパーティ。いつものごとくロトム火はメガネ、ガブはADハチマキ。こいつらがゴリゴリ殴ってサイクルするのが体に染みついていたのかあまり深く考えずに1850くらいまで行った。だが1900、欲を言えば2000行かないことに少し不満を感じ始めた。

シーズン12 バシャとサヨナラ。こんにちはボーマンダ。みたいなシーズン。

マンマンナットクラゲ
マンマンナットクラゲ
どっかの記事で毒羽マンダがめっちゃ強いらしいと聞き、長年使い続けたバシャに長期休業を言い渡した。実際は毒なんてチマチマしたことせずに捨身をぶっぱしていただけだった()ポケモンというゲームはプレイヤーの性格が出るゲームですねホント。マンムーはゴツメマンムーを使っていたが気が付いたら珠やハチマキになっていた。前世はバイオゴリラだったのかもしれない。シーズン12は過去作解禁だったため零度スイクンが流行ると読んで身代わりドククラゲをメタに使用したが零度スイクンには200戦中2戦しか遭遇しなかった。おっかしいぞ~?どっちかというとボルトロスにミラーコートしてワッショイしたり普通のスイクンの前で身代わりはって熱湯火傷を振りまいていた。瞑想?アシッドボムの前には無駄無駄無駄(ry 最高レートは1800前後

シーズン13 使用した構築は主に2つ

白黒マンダ
白黒マンダ
対面構築がめっちゃ多い環境だったので(今更)ブラッキーを使う事になった。眠るニンフィアと鈴ブラッキーの相性っていいのでは?と後から友人に気づかされたが実際には300戦やって1回しかなかった。悲しい。マンダとランターンの相性が良く当時最高レートを更新(1987)した。今になって思えばなんでこんなガブクソ重たいパーティで最高レート更新できたんだろう。リザYの晴れでブラッキーの月の光の回復量が増えたりと隠れたシナジーもあったり。サイクルや積みとステロの相性の良さに気付かされ(遅い)立派なステロ厨になった。

白黒マンダver2
白黒マンダ2
ベースは前のパーティと同じ。ラムステロドランとABSヘラという物珍しい型を使用した。前に使っていたリザと違いドランはオバヒを外しまくり脳内裁判を繰り返した。それに比べヘラはガルの捨身を耐えガッサを抜いてロクブラを外さない素晴らしい子だった。そして初めてHDマンダを使用。なんだこのポケモンは…たまげたなあ…火傷をもらってクレセスイクンを起点に竜舞を複数回舞うという意味不明なポケモン。僕はこういう本来勝てないポケモンに勝てる変な型(exADガブ)っていうのが最高に好きなのです。最高レートは1900前後で今一つ伸びきらない感じだった。

シーズン14

白黒一撃必殺
白黒一撃必殺マンダ
ベースは前のパーティ。前シーズンで受けループに三連続でマッチングし三連続でTODされるというトラウマを背負い一撃必殺で制裁してやろうとした。300試合やって当たった受けループは2回だけだったが、二回とも♰一撃必殺♰でフルボッコにできたので満足している。頭の悪い構成をしているが最高レートは1900行かなかったくらい。一撃必殺は当たれば強いとかそういうのではなく、最悪の場面になってしまった時でも希望があるという見方をすればこれほど頼りになる技は無かったです。最終奥義。

シーズン15 

バシャナットサンダー
trainercard-nozomi (1)
とある実況動画を見てバシャナットサンダーを使用。並びはパクった←おかえりバシャーモ。実際は動画の通りにプレイングしていたためマンダナット+@という選出しかしていなかった。バシャーモどこ行ったよ。前シーズンでナットマンダのサイクルの仕方は心得ていたのでそれなりには勝てたがレートは1920くらいでストップ。サイクル一軸の難しさを今更になって感じ始めた。タイプ受けでサイクルが回せない環境ってどういうことやねん。

シーズン16

サザングロス
サザングロス
サザングロスっていう響きがかっこいい。というわけで使用。サイクルだけでなく対面ぎみのプレイングができると聞いていたのだがそもそも自分はここまで対面構築を使ったことがなくサイクルしかしていなかった。どこかのシーズンでガルガブゲンで対面の練習をしておけばよかった。でもガルーラというポケモンが好きじゃないという勝利を欲しているのであれば甘え以外のなんでもない拘りがあってだね()メガネめざ岩ニンフィアという地雷でHDアローやリザYを狩るのが楽しいシーズンだった。トリルブルンとの相性も良好。最高レートは1800ちょっとこえたくらい。次のシーズンに2000超えられなかったらORAS終わるやんということに気付き本気で構築を考え始める。

シーズン17
trainercard-nozomi (1)
ここを見てね!→現代のバシャナットサンダー
バシャナットサンダーとステロ+あくびニンフィア+剣舞バシャの二軸で無事2000超えました!サンムーンでは2100目指します!
こんなだらだらと続くだけのクソながい記事読んでくれる人は少ないと思いますが、ここまで読んでくれた方に感謝を。サンムーンでまた会いましょう。それでは。
スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。