スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンムーンに向けて思考の整理とか色々 

どうもお久しぶりです十六茶です。サンムーン体験版をやったのでモチベは高いのですが、互換切れの話を聞いて新規ポケモンの育成のモチベはなく、かといって今のレートに潜ろうという気もなぜか起こらなかったので、サンムーンに向けて勝つための思考の整理みたいなものを書くことにしました。最高レート2000超えた程度で調子のっている雑魚なので、本当に強い人が読んだら「君のいる場所はすでに3000年以上前に通過している」とか言われそうですが、まあそれはそれで。
目標の設定
僕はポケモンにどんな楽しみを求めているか。好きなポケモンを使いたい、好きなポケモンを使って勝ちたい、どんな形であれ勝ちたい、人によって違うと思いますが僕は「環境トップのポケモンに対してメタを張れるポケモンを軸にして勝ちたい。目標は2000超え。」という目標を密に掲げて対戦をしていました。このスタンスは多分変わらないと思います。あくまで環境トップのポケモンのメタを張りたいわけであって、決してメガガルーラが使いたくないというわけではありません。「ガルーラに強いガルーラ」としての猫捨身ガル、「さらにそのガルーラに対して強いガルーラ」としてのABガルなど自分の目標に合ったガルはいます。ただそいつら以上にそいつらをまとめてぶっ飛ばせるメガバシャーモの方が好きだったというだけです。ただの脳筋ですね。
サンムーンの目標は「環境メタポケモンを軸に2100を目指す」になりそうです。

勝つために
僕はポケモン対戦における勝利のために必要なものは大きく分けて知識、経験、メンタルの3つだと個人的に思っています。ちなみに、この記事はこの一言が言いたかったというだけで書いています。ちなみに個人的な定義とかはこんな感じ。

知識はポケモンの能力値や一般的な型はもちろん、構築単位での相手の立ち回り等も含みます。ざっくり言うとググれば手に入る情報を指します。知識がないとメタも張れないので、僕の「メタポケモン軸で勝つ」というスタンスを成立させるうえで最も重要なステータスです。サンムーンの新ポケモンの能力や仕様の変更、それによる6世代までのポケモンたちの型の変化。第7世代でもやることはたくさんありますね。いやあホント楽しみですわ。

経験は対戦しないと手に入らないものを指します。要はプレイングです。そして「特定の状況になった場合、自分はこうする」という自分へのルールを含みます。たとえば選出時。「ガルガブゲンに対してはめざ氷バシャを出すぜ!」と決めていても、「残りの取り巻きがスイクンアローボルトで出しにくい!」ってなることがあります。選出するのが正解かどうかは実際にやってみないとわからないうえ、出して勝てるときと負けるときと両方あると思います。そこらへんの結論付けは経験を積んで自分で答えを出すしかありません。僕がマンダナットを使っていたとき、「サイクルの中でナットメガヘラ対面になった場合、相手は2回連続でロクブラを打ってくるから宿り木打ってその後にステロを打つ」というキチガイじみたことを決めてプレイングしていたことがあり、結果として総体的に勝率は上がりました。ヤンキープレイと言われようと経験による自分なりの結論を信じた結果だと思っています。あとはリスクを取るタイミングをちゃんと把握することです。つまり、ここは読まないと勝てない、ここは読まなくても勝てるっていう見極めです。これは正直自分も満足にできていないので、今後の課題ってやつですね。経験あるのみです。

最後にメンタル。誰しもが経験したであろう、「連勝の波に乗っている状態」や「連敗の波に乗っている状態」というものを理解し管理することを含め、対戦におけるストレスに対して自分の性格に合った対策を練ることです。「連敗してるけど気に食わないから一勝するまで絶対寝ない!」みたいなのをするとさらに負け続けレートがヤバい事になります。僕はなりました。また、相手の運勝ちに対して「はあああああ!?電磁威張るクレッフィで3タテとかふざんけんなポケモンやめろ!」と叫びながらクールダウンせずに速攻で次の試合に移ったりするとその苛立ちが持ち越され訳の分からないプレミで敗北。そして自分への苛立ちで完全に負けループにハマります。自分の場合5連勝以上していると「今は調子いいから今のうちに勝ちを重ねておこう。でもそこから2連敗したら連敗の波に乗るから潜るのはやめておこう」みたいなルールや逆に「4連敗したら調子悪い日だからなんで負けたかの反省だけして寝よう」といったルールを決めていました。また、一戦もせずに「今日はなんか負けそうな気がするわ(覚り)」みたいなのは極力信じずに、無理せずに2日に15戦をベースに潜るみたいなのを決めていました。あと強烈な運負けをした場合は一端レートをやめ「今の試合のあの事象、何パーセントだったんだろう」と確率計算をして「すっげえwww0.001%とかラッキーwwwあ、ラッキーじゃなくてクレッフィかwww」みたいな感じで笑って流すようにしていました。重要なのは確率の正しさよりも一端冷静になることですね。今思うと神経質な野郎だなコイツ。

最後に
サンムーンでまずやることは新規ポケモンの開拓です。アローラ地方統一!とか極端な事はやらないと思いますが、まず新しいポケモンを実際に考察、育成、使用すること。新ポケモンの出現で従来のポケモンの型が変わったりもすると思うので、そこらへんも。環境が固まらないと僕のメタ軸で勝つというスタンスは意味を持たないので、最初の2,3シーズンは勝つことというより新ポケに触れてモチベを上げることに全力を注いでいると思います。環境が固まり次第、読みのタイミングの見極めを目標に、2100を目指したいと思います。本当にサンムーンが楽しみです。
スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。